Shu=BIOGRAPHY

1999-2000

元X~ラウドネス~D.T.RのTAIJIこと沢田泰司(b)とともにセッション活動を開始。その後、クラウド・ナインを結成。00 年4月から本格的な活動を開始する。9月発売のロッキンf11月号には、創刊300 号記念付録として、デモCD「Bastard」を付ける。当時、雑誌の付録としてCDが付くことは珍しく、これを発案する。

2001_2002

3 曲入りスペシャル限定CD[1stdemonstration]を、みずからが立ち上げた新レーベルメBlaze up(ブレイズ・アップ)からリリース。通販のみにもかかわらず、5,000 枚がソールドアウトした。

音楽性の違いにより、クラウド・ナインよりTAIJI が脱退。

01年6月に、スーパートラップ、the MARCY BAND などでの活躍でも知られるベーシスト、FIRE が加入。

7月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで行なわれたラウドネス主催イヴェント(3,800 人動員)など、各種イベントに出演。

11月には、ラウドネス・トリビュート・アルバム『Rock'n Roll Crazy Night』をプロデュースし、コロムビアよりリリース(8千枚突破)。

02年1月、FIRE(b)がセッション活動が多忙なためバンドを離れ、俳優の柏原兄弟のバンドとしても知られるNO'WHEREのMARU こと田中丸善威が参加。

02年3月、クラブチッタ川崎で行なわれたイヴェント"LOUD'N FEST"(1,200人動員)では、トリ前の大役を務め、7 月には復活を遂げたロッキンf(一時休刊)の特別付録として、クラウド・ナインのDVD が付く。

02年10月23日、『MODERN-SIDE』と『TRADITIONAL-SIDE』という2 枚のミニ・アルバムを、ポリスターより2 枚同時発売。

11月にはクラウド・ナイン企画イヴェント第1 弾"Louder's Bowl 1"を、渋谷サイクロンにて行なう。

また、『STAND PROUD3』、『JAPANESE HEAVY METAL TRIBUTE魂II』という2枚のトリビュート・アルバムに参加する。

 

2003_2004


03年3月、渋谷サイクロンにて、クラウド・ナイン企画イヴェント第2 弾"Louder's Bowl 2"を行なう。
また、6月には大阪ベイサイドジェニーにて行なわれたイヴェント、"志"に出演。

11月、元サーベルタイガーの下山武徳(vo)率いるシックスライドとの、カップリング・ツアーを行ない大成功を収める。

11月27日、精力的な活動の末、クラウド・ナインの記念すべきファースト・アルバム『CLOUDNINE』を、当時としては珍しいDVD付きとして徳間ジャパンよりリリース。

04年7月15日、初のライヴDVD+CD『LOUDTRIANGLE』を、タワーレコード限定商品として発売。Shu制作による90 分に及ぶライヴDVD は、同年2月に行なわれた、初の"酸欠ワンマン・ライヴ"の模様を中心に、結成当初からの映像が収録されており、CDには、新曲2曲とリミックス6曲が収録されている。タワーレコードのウィークリーチャートでは、全国2位を記録。

 

2005_2006

夜叉とのカップリング・ライヴを敢行。4 月に渋谷、5 月に目黒で行なわれた、お互いのホーム・グラウンドへの乱入ライヴでは、両会場共ソールド・アウトの盛況を見せる。

そして、いよいよセカンド・アルバムの制作に突入。エンジニアには、日本のバンドとしては初の快挙となるローガン・メイダー(元マシーン・ヘッド)を起用。

Shuは、8 月に単身でロスへ渡米、ローガンとのミックス&マスタリング作業を行なった。

9月21日、ファンのみならず多くのアーティストからも絶賛された会心のセカンド・アルバム『疾風迅雷-QUICK AS LIGHTNING』をリリース。

10月には、夜叉との関西~九州ツアーを敢行。

12月には、来日したPretty Boy Floid とツアーを行ない各地で大盛況に終わらせ、国内外問わずに幅広く活動と交流を広げていった。

06年、O-EAST、大阪ミューズなどホール・クラスのライヴを展開。

9月に渋谷O-WEST にて行われたPURE ROCK JAPAN2006、11 月にクラブ・チッタ川崎で行われたJAPAN HARDROCK FES など、ロック界の大御所と共演を果たす。

9月20日、女性コーラス・ユニット、チェルシー・ボムズが全面参加したミニ・アルバム『疾風迅雷外伝』を発表。

セカンド・アルバムの続編として、再びローガン・メイダーとタッグを組んだこの作品は、沢田泰司在籍時の楽曲を初収録するなど、歴史と個性を放ったアルバムとなった。

11月、渋谷ギルティにて行ったワンマン・ライヴでは、ホールに入りきらないお客さんがロビーに溢れていた。

 

2007_2008

07年3~5月、X .Y.Z-A とのカップリング・ツアーを開始。

5月、渋谷の街全体を巻き込んだイヴェント、渋谷ジャック(エルレガーデン、ライズなどが出演)に参戦。

8月には、ZIGGYの森重樹一、戸城憲夫が率いるザ・ダストゥンボーンズとのツー・マン・ライヴを成功させた。

10月、MARU が、単身渡米のためクラウド・ナインからの離脱を表明。

夜叉との東北カップリング・ツアーを行ない、10 月の表参道ファブでのライヴが正式には最後のステージとなった。

その後、「クラウド・ナインを止めてはいけない」と、初代ベーシストであるTAIJI が、再び参加することを発表。

11月、目黒で行われたシークレット・ライヴを皮切りにオリジナル・クラウド・ナイン始動。

08年2月、雑誌WeROCK 003の付録オムニバスCDにオリジナル・クラウド・ナインで参加。「HELLS RAGE」がオープニングを飾った。

3月、MARU渡米の前日、急遽、第3期クラウド・ナインでライヴを行なう。もちろん、ソールド・アウトで集大成といえるステージを繰り広げた。

5月、クラウド・ナインのYAZZ(vo)とともにアコースティック・ユニット"秀治と安彦"のリサイタルが横浜サンフォニックス・ホールで行なわれる。二人をサポートしたのが、その後、Crazy Quarter Mile結成へとつながるPROS(b)と姫那(ひな/ds)だった。

6月、Crazy Quarter Mile結成を決意。

7月、Shuが、山秀会発足を決意。

8月、ライヴ販売用CDのレコーディングに突入。

9月12日、高田馬場フェイズにて、ファースト・ライヴを敢行!

9月14日、大阪・西九条ブランニューにてライヴ。

10月3日、北へ向けたツアーを敢行。

10月13日、四ッ谷アウトブレイクで初ツアーのファイナルであり、主催イヴェント"クレイジー・クォーター祭り"を行なう。

12月14日、ついにオリジナル・クラウド・ナインのワンマンが行なわれる予定だったが、TAIJIの負傷により、急遽、MARUが参加してライヴを行なう。

 

2009_2010

2月12日、CQMのセカンド・マキシ・シングル「時代迷宮」発売記念ライヴを行なう。カップリングには、Shuリミックスによる「Dust! Dust! Dust!」収録。ちなみに、CQMの音源は、すべてShuミックスによるものだ。

3月、WBCで日本が連覇を成し遂げる。

4月18日、CQMが、高田馬場クラブ・フェイズにて、エヴァーセット、アンダーニースと共演。

5月4日、恵比寿ギルティにて、CQMがCD無料配布を行なう。

7月20日、打倒サマソニを目指し、ヤマソニなるイヴェントを開催。出演は、CQMの他、UNNAMED、イノヘッド・パーク、エヴァーラスト。

10月12日、今度は、打倒ラウド・パークを目指し、ヤマド・パークを開催。出演は、第3期クラウド・ナイン、CQM、そしてルナシーのコピー・バンドであるヤマシーと、すべてのバンドで出演を果たす。なお、このライヴを最後に、YAZZがCQMから卒業した。

12月、TAIJIとともにスタジオ・セッションを行なう。ドラマーはHINAが務め、これが、その後のTSPにつながる。

2010年2月14日発売のWeROCK 015の付録オムニバスCDに、オリジナル・クラウド・ナインで発表し入手不可能となっていた「BASTARD」が収録! なんと、リミックスで蘇った。

同2月、TSPの始動を発表。メンバーは、クラウド・ナインのTAIJI、CQMのHINA、そしてTAIJI with HEAVEN'SのDAI。

4月24日、仙台マカナにてTSPの初ライヴを行なう。

5月、TSPのレコーディングに突入。

9月12日、甲府コンヴィクションにて、TSP、2本目のライヴ。この日を最後にDAIが脱退。

10月8日、CQMが、吉祥寺シータにて、TAIJI with HEAVEN'Sと共演。CQMは、ゲスト・ヴォーカルに、栄二郎(ブル・ゼッケン88)を迎える。

11月3日、ヤマソニの第2回が、高田馬場フェイズで開催される。栄二郎を迎えたCQMで出演。

11月6日=名古屋サンセット・ストリップ、7日=大阪・心斎橋ドロップにて、TSP、初の名阪ツアーを行なう。ヴォーカリストには、C.O.R.E.のTAZZ.を迎え、さらに剛直でいながら個性的なサウンドとなった。

12月5日、高田馬場フェイズにて、主催イヴェントMIXED BETLAYER開催。共演は、ガルネリウスのSyu率いるスパイナル・コード、アルディアス。アンコールでは、SyuとのWシュウによる共演が実現するはずだったが……。

 

2011

2月14日、WeROCK 021の付録オムニバスCDに、TSPの初音源となる「Rest In Peace」収録。

10月11日 TAIJIの死去により活動が危ぶまれたが、活動継続を宣言

10月28日 新メンバーに【K】(vo)、you+(b)を迎え、TAIJIを含む5人で活動することを発表 

12月05日 「Rest In Peace」J:COMチャンネル音楽番組“J:HEAVEN”12月エンディング・テーマ決定

12月09日 “~Eternal Phoenix Tour~”@名古屋ホリデー“

12月10日 “~Eternal Phoenix Tour~”大阪西九条ブランニュー“

12月下旬 ファースト・アルバムを完成させるため、レコーディング再開


2012

02月14日 WeROCK 027の付録CDにて、TAIJIの楽曲である「FREEZE」を発表

04月02日 テレビ朝日「セレクションX」のエンディング・テーマを担当。「MAD CLUSTER!!」のPVが毎日ようにオンエアーされる。
05月11日 ミニ・アルバム『MAD CLUSTER』、通販で先行発売開始。

05月21日 ETERNAL PHOENIX TOUR 2012=名古屋ell.SIZE

05月22日 ETERNAL PHOENIX TOUR 2012=大阪ルイード

06月06日 初の正式音源となるミニ・アルバム『MAD CLUSTER』発売

06月11日 ETERNAL PHOENIX TOUR 2012=仙台マカナ

06月12日 ETERNAL PHOENIX TOUR 2012=新潟CLUB RIVERST

06月17日 ETERNAL PHOENIX TOUR 2012=代々木LIVE labo(ワンマン)

06月24日 ETERNAL PHOENIX TOUR 2012=吉祥寺シャッフル(追加公演)

08月24日 下北沢ReG(DVD『PERFECT CLUSTER』リリース

09月26日 ファースト・アルバム『The Last Resistance of the Firebird』リリース

09月27日 渋谷O-CREST

10月26日 目黒LIVE STATION

10月28日 ETERNAL FIREBIRD TOUR=仙台マカナ

11月03日 ETERNAL FIREBIRD TOUR=名古屋タイトロープ

11月10日 ETERNAL FIREBIRD TOUR=横浜The CLUB SENSATION

12月09日 ETERNAL FIREBIRD TOUR=渋谷GUILTY(ワンマン)

12月25日 EVAN ROCK 2012FINAL〜X'mas party〜出演

12月25日 「カラオケの鉄人」全店で全楽曲配信開始

2013

02月15日 代々木LIVE labo

03月25日 you+の脱退を発表

03月28日 映画『暴走』主題歌担当を発表

04月26日 渋谷THE GAME

06月28日 渋谷THE GAME 無料配布CD「Take me over, Breaking this borderプレゼントGIG

08月25日 “Club Rock Event Cathouse”=渋谷RUBY ROOM

08月30日 渋谷THE GAME

10月12日 仙台パークスクエアにてスペシャル・バンド、TSMH結成。メンバーは、緋村 剛(vo/everset)、Shu(g/TSP)、MARU(b/CLOUDNINE)、HINA(ds/TSP)という4人

10月13日 新潟Golden Pigs RED stageにて、TSMH解散

10月19日 TSP主催イヴェント“Mixed Betrayer 002”@渋谷THE GAME。第3期TSP終了

11月20日 新型TSP発表

MAIN NEWS LIVE SCHEDULE BIOGRAPHY DISCOGRAPHY EQUIPMENTS LINK Twitter Facebook